キャビテーションのデメリットや副作用は?

キャビテーションのデメリットや副作用は?

キャビテーションのデメリットや副作用は?キャビテーションは「メスを使わない脂肪吸引」といわれているくらい効果を感じやすい痩身法です。脂肪吸引といっても、脂肪を吸い取るわけではなく、気になる部分の脂肪を破壊して体外へ排出していくという方法でなので、1回でも効果が感じることが出来ると大人気になっています。脂肪細胞自体がなくなるのでリバウンドもしない画期的な痩身法なのです。

 

従来の痩身法では、痩せる効果があったとしても副作用やデメリットがありました。例えばうっ血や腫れなどができることが多く、効果も低いためにリバウンドしてしまうという欠点がありました。

 

キャビテーションにもそういったデメリットは副作用はあるのでしょうか。結論からお伝えすると高い安全性が確立されており、副作用はなく安心して受けることが出来ます。人によっては「少し気になる」程度のデメリットと捉えられるものもあるので、参考までにお伝えしていきます。

 

まずはキーンという金属音のような少し不快な音が施術中に頭の中に響いていることです。 この音は超音波が骨に当たることで骨が振動して起こるもので、この音が感じないときは脂肪の破壊があまり進んでいないので、施術中はこの音が聞こえている方がいいのです。

 

しかし、キャビテーションをしている間ずっとこの音を聞いているために、施術が終わった後も頭の中に残ることがあるので気になってしまう方はいるかもしれません。またキャビテーションをすると脂肪が破壊されて、その脂肪は肝臓で分解されることになるので、肝臓への負担が増えるのでデメリットと言えるかもしれません。

 

ですがそれが体に悪影響を及ぼすということはないので安心して下さい。最後に、キャビテーションの施術の後は代謝が上がっていますので、体は汗をかきやすい状態になっているので気になってしまうかもしれません。

 

ですがこれは溶解した脂肪を排出するためや、肝臓の負担が増えることを助けるために出ているものなのでキャビテーションと美肌の関係としては、「確実に効果があるんだな」と受け入れることで気にならなくなるでしょう。

 

このように、キャビテーションには副作用やデメリットとなるものはほとんどありませんし、施術時の痛みもなく腫れや傷ができることもありません。 キャビテーションは、これまでの痩身法のデメリットをすべて取り払い安心して受けることが出来る痩身法といえます。