会社設立にかかる費用

会社設立にかかる費用

「1円で会社が作れる」といった話を聞いた事があるかもしれませんが、それは資本金の話です。会社を設立するのには、資本金以外にしてもそれなりの費用が必要となります。

 

細かくみていくと、まずは会社を設立する際には定款を公的機関に認証してもらう必要があります。この定款に印紙をはりつけなければならないのですが、この印紙代として、まず40000円かかります。ただしこれは紙の定款の場合であり、電子定款の場合にはかかりません。

 

そして定款を認証してもらうのにかかるお金が50000円です。定款の謄本もとらなければいけませんので、この際に2通として2000円かかります。そして法務局に登録免許税を支払う必要があり、これが最低15万円となっています。尚金額は出資金の1、000分の7となっています。これに満たない場合は一律15万円です。

 

この時点で既に24万2000円ですね。この中で削ることができるのは定款の印紙代のみとなっており、この印紙代を電子認証する場合には20万2000円、その電子認証を専門家に頼む場合にはそれの費用がかかりますが、印紙代よりは安くおさまるでしょう。

 

更に細かく見ると提出する際の交通費や通信費などもかかってきますが、ざっと25、6万円もあれば会社は設立できます。以外と安いんですね。印紙代を考えると、専門家に頼む方が手数料も安いので費用をできるだけおさえる事ができる場合が多いです。また、その分の手間もなくなりますので多くの方が専門家に依頼しているようです。