オルソケラトロジーのしくみ

オルソケラトロジーのしくみ

オルソケラトロジーで近視や近視性乱視の症状が緩和されるといわれていますが、これはいったいどのような仕組みなのでしょうか。

 

レンズが角膜を矯正
オルソケラトロジーは就寝時にレンズを装用します。すると特殊なカーブのあるこのレンズが角膜の形状を変化させ焦点を網膜上に結び付けます。するとレンズを外した後の裸眼視力を改善されるのです。レンズを外して一定の時間は角膜の形状が維持されますので、その間は裸眼視力が改善します。

 

なお一定時間が過ぎると裸眼視力は再び元通りになります。メガネによくある「形状記憶」のような機能が残念ながら角膜にはないのです。裸眼視力が改善された状態を維持するには、「就寝時にはレンズを着用する」という習慣を継続する必要があるといえるでしょう。

 

ちなみにレンズは瞳の中心からずれてしまうと角膜がうまく矯正されません。うつぶせで寝たときにレンズがずれやすいそうなので、うつぶせで寝ることが多い人は注意が必要だといえるでしょう。

 

最初は効果が薄い
オルソケラトロジーは角膜をレンズによって形を変えてゆく視力矯正法です。そのため治療する期間が長くなるほど効果が表れやすくなると考えられています。これは「治療開始時点では矯正の効果は不安定」と言い換えることもできます。

 

また角膜の柔軟性が少ないと、期待通りの視力が得られないケースが少なくないとのこと。なお角膜の柔軟性を事前にチェックすることは難しく、実際に治療を始めてみないとわからないそうです。